セラミドの種類と成分|キュレル

MENU

キュレルのセラミド成分と種類って?

人型ナノセラミド

 

キュレルに配合されているセラミドは、花王が独自に開発した潤浸保湿セラミド機能成分と呼ばれるもので、擬似セラミドに当たります。
このためヒト型セラミドのように全成分表示にセラミドと表記することができませんが、通常のセラミドでは実現できない高濃度で配合されている他、セラミドには及ばないものの高い保湿力があります。
またキュレルは低刺激であるため、皮膚科でもセラミド配合保湿クリームとして薦められるほど安全性の高い製品です。
そこでここではキュレルに配合されているセラミドの特徴と、美容液とクリームに共通に配合されている保湿成分及び、アラントインとユーカリエキスの特徴について述べます。

 

キュレルに配合されているセラミドの特徴について

キュレルに配合されているセラミドは潤浸保湿セラミド機能成分と呼ばれるもので、花王が独自にセラミドに類似させた物質を合成し、バリア機能改善効果まで確認した成分です。このため擬似セラミドではあるものの、しっかりと効能があります。またこの花王独自開発のセラミドは、赤ちゃんにも使えるほど低刺激で、毒性もありません。この成分は角層のすみずみまで浸透することで肌本来にあるセラミドの働きを補い、角質細胞間にうるおいを与えます。また肌のバリア機能を助けることで、肌荒れの起こりにくい健康な肌へと導きます。

 

キュレル美容液とクリームに共通して配合されている保湿成分

キュレル美容液とクリーム両方に共通して配合されている、セラミド以外の保湿成分にはグリセリン、ジメチコン、BGが挙げられます。このうちグリセリンは古くから用いられ続けた保湿剤で、現在でも多くの化粧品に使われていて肌のうるおいを保ち、みずみずしさを与える作用があります。一方のジメチコンは肌の表面に皮膜を作り、乾燥を防ぐ作用があります。この他BGは肌にみずみずしいうるおいとハリを与える成分で、これも化粧品に広く配合されています。

 

美容液とクリームに配合されているアラントインとユーカリエキスの特徴とは

まずアラントインは消炎作用や細胞を活性化させる作用があり、肌荒れを防ぐ目的で配合されています。一方のユーカリエキスには抗菌作用や血行促進作用、収れん作用に加え、使用する際に清涼感を与えます。

 

以上がキュレルに配合されているセラミド及び主な成分となっています。
花王独自開発のセラミドは擬似セラミドではあるものの、高い保湿力とバリア機能改善作用があります。
また他の保湿剤も古くから広く使われているもので、安全性の高い成分です。
更にアラントインにより、季節の変わり目などで荒れた肌を鎮める作用があります。